エコバッグ1

オリジナルエコバッグを作成してノベルティやプレミアムとしたいというときにはロット数をどうするかが悩みになりがちです。ターゲットを考えると小ロットで十分ということもあれば、まずは小ロットで生産して試したいということもあるでしょう。

オリジナルエコバッグを作成するときに小ロットにするのはメリットもデメリットもあるのでその詳細を確認しておきましょう。

小ロットに対応する業者は多い

まず前提知識として押さえておきたいのが、オリジナルエコバッグについては小ロットに対応している業者が多いことです。

ノベルティやプレミアムに使用するグッズはロット数が大きくないと対応してくれない場合が多いのは問題点としてよく指摘されています。業者に依頼すると最低ロット数が数百から千個ということも多く、候補が少なくなってしまう原因となっているのは確かです。

ただ、オリジナルエコバッグでは数十個くらいからなら対応していることがほとんどです。エコバッグの作成には手間がかかることから短い納期で対応するには限界があることや、もともと単価も高いことから利幅を広げやすいのが理由となっています。

そのため、オリジナルエコバッグを作成するときに小ロットで依頼するのは簡単だという認識を持ちましょう。

小ロットなら無駄が出ない

オリジナルエコバッグを作成するときに小ロットにするメリットは無駄が出るリスクを最小限に抑えられることです。大きなイベントに参加するときのノベルティにする場合には大ロットでも無駄がなくて済む可能性が高いですが、特定の顧客対象の小さな集まりでノベルティにするときや、商品購入のプレミアムにするときなどにはあまり量をさばけないのが一般的です。

余ってしまった分はもはやノベルティやプレミアムとして使えなくなってしまうこともあり、廃棄せざるを得ないこともあるでしょう。廃棄にはコストもかかるので必要最小限の生産量にしたいというのがもっともなことです。

先着50名様限定でプレゼント、抽選で10名様にプレゼントなどといった場合にも同様で、限定生産されたオリジナルエコバッグを限られた人だけが手に入れられるようにすることで集客力を高めたり、販売数を増やしたりすることができます。

このために大ロットで作成してしまうとコストがかさんでしまうことは否めません。このようなときに小ロットにすれば全て配ってしまうことができる可能性が高いのでコストパフォーマンスを最大限に高めることができるでしょう。

⇒イベントで使うオリジナルエコバッグを作成するときの5つのポイント

小ロットならお試しができる

エコバッグ4

小ロットで注文できるとお試しができるのもメリットです。例えば、プレミアムとして効果があるのかどうかを見極めるために、少量のサンプルを作ってアンケート調査をしてみるというアプローチを取りやすくなります。モニターを募集してオリジナルエコバッグを送付し、実際に使ってみてもらって感想をもらうと十分な価値があるかどうかを見極められるでしょう。

その声を反映してデザインや仕様などを変更し、さらに付加価値の高いオリジナルエコバッグに仕上げることもできます。このようなプロセスを経てから必要数の作成をしてもらった方がプレミアムとして高い効果を発揮するでしょう。

ノベルティの場合にも同様で、集客に使う場合にもブランディングに使う場合にも効果を高めた上で大量に発注できるようになります。

⇒市販のものをサンプルにオリジナルのエコバッグを作成してみた

小ロットは単価が高い

小ロットでオリジナルエコバッグを作成するデメリットとして筆頭に上がるのがコストです。小ロットの場合にはエコバッグの作成単価が大ロットに比べてかなり高くなります。

特に数十個という単位の場合には数百個に比べて二倍近い価格になってしまうこともあるので注意しましょう。配れずに終わってしまうロスが出るよりはましだという考え方も必要ですが、今後別のタイミングで配れる可能性があるのなら多めに作っておくのも考え方の一つです。

予定必要数よりも少し多めに作るだけで大幅に単価が下がるのなら、作ってしまって別の用途を検討するのも大切です。社員に配って福利厚生とするというやり方もあるので、状況に応じて前向きに検討してみましょう。

⇒折りたたみができるオリジナルエコバッグの作り方について

ロットが小さすぎると業者の候補が少ない

50個くらいのオリジナルエコバッグを作成する場合にはかなりの業者が対応してくれますが、10個で良いといったようにかなり小ロットになってしまったときには業者の候補が少なくなるデメリットもあります。やはり小ロットでの作成は業者にとっては負担になるので、利益を上げられるように最低でもこのくらいの数は確保して欲しいという要望があることは確かです。

ボーダーラインは50個で、さらに100個を超えるとかなり候補が増えます。50個未満の場合にはオプションサービスなども考慮すると候補が本当に限られてしまうことが多いので注意しましょう。また、場合によっては希望する素材や仕様のエコバッグを選べないこともあります。

それでも良いのかどうかをよく考えてロット数を決めるのが肝心です。

納期についても注意が必要

小ロットでオリジナルエコバッグを作成するときには納期に注意が必要です。小ロットの方が作成にかかる手間が少ないので納期が短くなることが多いのは確かで、メリットになる場合が大半を占めるでしょう。

しかし、オリジナルエコバッグの発注をよく受け付けている業者や、逆にエコバッグの注文をほとんど受けていない業者では納期が長くなることもあります。前者の場合には大口の顧客を優先したいという気持ちが強くなるため、作成の優先順位が下位になってしまうことが多いのが理由です。

後者の場合には他の製品が主力なので、オリジナルエコバッグの作成は後回しにされる傾向があります。納期は交渉次第という面もあるので、有名業者や普段は取り扱いがあまりない業者でも短納期にしてもらえる可能性はあります。

しかし、その交渉をしたために単価が上がってしまうこともあるので注意が必要です。小ロットの場合には強気になりにくいという面もあるので、納期については相談する初期から話題に上げておくようにしましょう。

小ロットでのオリジナルエコバッグ作成には注意が必要

オリジナルエコバッグは小ロットでも対応してくれる業者が多いのは確かで、無駄を最小限にしたりお試しをしたりするのに有効というメリットもあります。しかし、小ロットは単価が高くなりがちで、業者の選択肢も減ることがあるので注意が必要です。

納期についても短くて済むとは限らないので、急ぎの場合には交渉を試みるようにしましょう。

参照元…オリジナル エコバッグ … BAG-FACTORY.onlinehttps://bag-factory.online/